男の人

安心したいならマンション管理会社まで|ホッとできる経営

信頼できる場所へ

お札

賃貸する場合なら

マンションやアパートを購入して、自宅用にしてしまうのであれば問題はないのですが、誰かに貸して家賃を得るというのであれば、賃貸管理会社という存在は不可欠です。単純に物件のどこかが壊れたとなった際に、入居者からすぐに連絡があれば良いのですが、そうでない場合だとしばらく放置され、もしかすると取り返しのつかないことになってしまうケースもゼロではありません。そのような事態を避けるためには、オーナーさんがこまめに見に行くことですが、そんな暇がないというのなら、やはり賃貸管理会が頼りになるというわけです。ただし、賃貸管理会社によっては、半年に一度の間隔でしか巡回してくれないというところもあるため、できる限り足繁く見てくれるようにお願いしておきましょう。

担当者との相性

賃貸管理会社のことを調べてみて、自分には合わないと感じたとしても、念のため担当者と会ってみてから、依頼するか別のところに行くかを決断しておくことをおすすめします。というのも、賃貸管理はどのような人にお願いできるかで大きく違ってくるもので、仮に一ヶ月に一回は巡回すると決まっていても、何軒も受け持っているなら物理的に不可能です。仮にできたとしても、時間をかけられないため、見逃したりといったこともあるかもしれません。その逆のことも十分に考えられるので、優秀な担当者がいるなら、賃貸管理会社はあまり関係ないです。親身になってくれるのか、今までにどのようなトラブルを収めてきたかといったことを聞いて、判断しておくと良いです。